2019年6月ブログ

2019年6月ブログ · 2019/06/21
六月の花嫁(June bride)という言葉をご存知でしょうか。欧米では、「六月に結婚する花嫁は幸せになれる」と信じられています。その根拠は、もともとギリシャ神話の主神ゼウスの妻ユノ(Juno)に由来していますが、それがローマ神話の主神ユーピテル(Jupiter)の妻であるユーノウ(Juno)に展開して、彼女は結婚と出産をつかさどる、六月の守護神として祀られています。そこで欧米では、六月に結婚すると幸せになれると信じられているのです。しかし諸説あって、一説では、欧米では3月から5月までが農繁期であって、その時期に結婚することは許されませんでした。乾期である六月になっての結婚は、気候的にも歓迎され、かつ祝福され易かったということでもあるようです。 一方、最近では日本でも、六月の花嫁を目指すようになってきているようです。日本の六月は、もちろん梅雨どきであって、結婚式や披露宴に出席することは厄介であり、迷惑といったところです。そこで、その解決方法として、結婚式や披露宴は別の月に行なって、婚姻届けを六月の吉日にするという選択、あるいは六月が乾期であるハワイや欧州で結婚式を挙げるという選択などで